弁護士や司法書士の債務整理費用の相場や、報酬基準の廃止について。

債務整理費用の相場について

従来、司法書士や弁護士の費用には「報酬基準」というものがあり、上限と下限が定められていました。しかし、これは現在、廃止されています。公正取引委員会が、公正な競争に反するということで、廃止を働き掛けたためです。

確かに、これ以降は報酬が自由化されたことで、競争が生まれ、安い費用で手続きをする事務所が生まれました。たとえば、自己破産の申し立ては、以前は30万円程度が弁護士費用の相場だったのですが、今は15万円程度で手続きをする事務所もあります。

しかし逆に、上限がなくなったことで、極端に高い報酬の設定をする法律事務所や司法書士事務所も現れています。任意整理の手続きの報酬でいえば、通常貸金業者1件の介入につき2〜3万円が相場であり、これに減額成功報酬(利息制限法による計算により債務が減った場合に、減った額の何%かを報酬に加える)が加わる場合があるのですが、1件10万円以上の報酬を設定している事務所があります。

いまは、ホームページで債務整理の手続きの報酬を明示している場合が多いですから、相談する前によく確認しておく必要があります。相談料については、ほとんどの事務所で無料となっていると思いますが、依頼した場合の費用についてはかなりの差がありますので、あまりにも高い事務所は避けた方がよいでしょう。

また、報酬の支払い方については、多くの事務所で分割払いを採用しています。しかし、特に自己破産や個人再生の場合に、報酬の一括払いが受任の条件となる場合があります。これについても事前に確認しておくべきであると思います。

一般的な債務整理の相場としては、下記の通りになります。

自己破産(同時廃止)の場合
20万円〜30万円ぐらい

自己破産の司法書士費用の参考⇒自己破産の費用

個人民事再生の場合
25万円〜40万円ぐらい

任意整理の場合
1社2〜3万円、減額成功報酬0〜10%ぐらい

過払い金返還
上記任意整理の費用に加えて、返還のあった額の20%ぐらい

このぐらいの費用であれば、相場どおりと考えてよいと思います。

ただ、債務整理を依頼する場合には、費用よりも弁護士や司法書士との相性の方が重要です。安いからということで依頼して、途中で辞任されたり、解任したりすることになれば、それまでに支払った費用はすべて無駄になります。そんなことになるなら、ある程度相場どおりの費用をホームページに明示している事務所2〜3か所で相談してみて、一番話しやすい、感覚の合う事務所で依頼したほうが、よい結果になると思われます。